福島のニュース

<Jヴィレッジ>地域住民らピッチの感触満喫 一部再開で元日本代表がサッカー教室

サッカー教室でボールを蹴る中高生ら。グラウンドに活気が戻った

 サッカー施設、Jヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)で29日、28日の一部再開を記念するイベントがあった。地域住民らがサッカー教室で元日本代表らの指導を受け、復旧したグラウンドの感触を楽しんだ。
 中学生以上の教室は、いずれも元日本代表の小島伸幸さん、秋田豊さん、加地亮さんが講師役。人工芝グラウンドで基本動作を練習した。
 参加したふたば未来学園高(広野町)女子サッカー部主将の3年朝倉ちほさん(18)は「守備で抜かれても追い掛けて走り切るという心の部分が勉強になった。施設は再開したので、地元の選手が強くなって盛り上げたい」と話した。
 元日本代表の永島昭浩さんや鈴木啓太さんらが加わり、お笑い芸人とチームを組んで子どもたちと対戦するミニゲームもあった。かつての名選手の華麗なプレーに観客からは拍手が送られた。
 東京電力福島第1原発事故で対応拠点になったJヴィレッジは28日、約8割の施設が再開。J1仙台にも所属した元日本代表の平山相太さん(33)は「中学、FC東京時代にキャンプをし、来るのが楽しみだった。いい環境なので、多くのクラブに合宿や遠征で使ってほしい」とエールを送った。


関連ページ: 福島 社会

2018年07月30日月曜日


先頭に戻る