秋田のニュース

秋田犬、その名は「空如亜」 音の響きに引かれ命名「まさか候補地になるとは…」予想外の展開に困惑

秋田犬の「空如亜(あしょあ)」(本瀬さん提供)

 秋田県能代市で40年以上秋田犬を育ててきた本瀬純一さん(55)は、昨年6月に生まれた小犬を「空如亜(あしょあ)」と名付けた。今年5月に秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が候補地と発表された地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」と同じ読みだ。
 空如亜が誕生したころ、何げなく見ていたニュース番組がイージス・アショアを取り上げていた。「音の響きに引かれた。まさか秋田が候補地になるとは」。予想外の展開に本瀬さんは困惑気味だ。
 秋田犬の注目度が高まる中、秋田県とJR東日本が行う今年秋の大型観光キャンペーンのガイドブックにも登場する空如亜。人懐っこく愛されるキャラクターだという。
 イージス・アショアを巡っては、配備に反対する住民の声も相次ぐ。本瀬さんは「(同じ響きでも)空如亜の方が話題になる世の中がいいね」と願う。


関連ページ: 秋田 社会

2018年07月31日火曜日


先頭に戻る