宮城のニュース

<いちおし土産>友禅和紙で質感優雅 マルイチ商事(仙台市若林区)の仙台七夕飾り手作りミニセット

仙台七夕まつりの気分を楽しめる手作りセット

 6日に開幕する仙台七夕まつりの七つ飾りを手作りできる。自宅や職場に飾れば、杜の都を吹き抜ける爽やかな風も感じられそうだ。
 短冊、紙衣、折り鶴、巾着、投網、くず籠、吹き流しの七つに分けられた用紙を切り貼りして、ササの葉に飾り付ける。完成品は実物の180分の1のスケールながら友禅和紙を使っており、本物さながらの質感だ。商品によって紙の色が異なるのも楽しい。
 仙台七夕まつりを身近に感じてもらおうと、七夕飾り制作のマルイチ商事が2015年に売り出した。同社は創業155年の老舗でJR仙台駅の七夕飾りを50年以上、手掛けてきた。11年には七夕飾り専門の常設店を自社ビル1階にオープンさせている。
 6代目で店長の壹岐直紘さん(38)は「子どもと一緒に挑戦するなど、自宅で手軽に七夕文化に触れてほしい」と話す。

<メモ>1個756円。制作時間の目安は約1時間。店舗かJR仙台駅の土産店で購入でき、仙台七夕まつり期間(6〜8日)は駅東口のイベントブースでも販売する。店舗併設の同社は仙台市若林区河原町1の3の50。連絡先は022(721)2190。


関連ページ: 宮城 経済

2018年08月02日木曜日


先頭に戻る