宮城のニュース

加藤久氏、ラモス瑠偉氏がサッカー殿堂入り

加藤久氏

 日本サッカー協会は1日、元日本代表の加藤久氏(62)=宮城県利府町出身=とラモス瑠偉氏(61)の日本サッカー殿堂入りが決まったと発表した。投票選考による選出で、満票123票のうち加藤氏は109票、ラモス氏は93票を集めた。特別選考では1968年メキシコ五輪で銅メダルを獲得した日本代表チームが選出され、掲額式典は9月10日に東京・日本サッカーミュージアムで行われる。
 加藤氏とラモス氏は現役時代に日本リーグの読売クラブ、JリーグのV川崎(現東京V)でタイトルを獲得し、ともに日本代表の中心選手として活躍した。


2018年08月02日木曜日


先頭に戻る