山形のニュース

<ドカ雪川柳>「肘折は 大雪自慢 お湯自慢」最優秀作品決まる

 山形県大蔵村の村観光協会は1日、「ドカ雪・大雪川柳」コンテストの選考結果を発表した。今年2月に同村の肘折温泉で過去最高(最深)となる積雪445センチを記録したことを受け、村観光協会が初めて企画した。
 入選作は8点。このうち、最優秀は「肘折は 大雪自慢 お湯自慢」(名取市・雅号としっぺ・55歳)、優秀賞は「ドカ雪の おかげで君と 二連泊」(いわき市・雅号ほり・たく・46歳)、「人情と 愛もドカ雪 深いまち」(米沢市・雅号ゆずまる・76歳)に決まった。
 コンテストには5月14日〜7月14日、44都道府県808人から計2949句の応募があった。
 最優秀賞には村商品券2万円分などが贈られる。一部の作品を今後、標語として活用する。


関連ページ: 山形 社会

2018年08月02日木曜日


先頭に戻る