広域のニュース

7月、やっぱり暑かった!平均気温の高さ、東北南部も過去最高を記録

 仙台管区気象台は1日、7月の東北南部の月平均気温の高さが、1946年の観測開始以降1位を記録したと発表した。平年比でプラス3.2度となり、過去最高だった78年のプラス2.6度を上回った。
 東北日本海側も平年より2.7度高く、過去最高だった78年の記録に並んだ。
 同気象台によると、梅雨前線の影響が小さく、太平洋高気圧に覆われて晴れの日が多かったため、気温が高くなった。主要観測地点でも、全17カ所のうち仙台や福島など7カ所で過去最高を記録した。


関連ページ: 広域 社会

2018年08月02日木曜日


先頭に戻る