福島のニュース

中川環境相、除染土再利用実用化に意欲

 中川雅治環境相は2日、福島県庁で内堀雅雄知事と懇談した。東京電力福島第1原発事故からの復興に向けて「未来志向の取り組みを推進する」と述べ、県内でリサイクル分野での産業創成、低炭素まちづくり事業などを進める考えを示した。
 中川氏は「脱炭素、リサイクルなど環境省の得意分野で県との連携を強化したい」と説明。内堀知事は「新しい取り組みで福島を再生する視点は素晴らしい」と応じた。
 懇談後の取材に、中川氏は除染土再利用の実証事業について「得られた安全性の科学的根拠を国民に示し、理解を得たい」と語り、全国の公共事業での実用に意欲を示した。
 除染土再利用の実証事業は南相馬市など福島県内3カ所で実施・計画されているほか、茨城県東海村でも1日に始まった。


2018年08月03日金曜日


先頭に戻る