宮城のニュース

<JR仙石線>始発から平常運転 異常箇所を特定

JR仙石線が始発から平常運転に戻った仙台駅=4日午前9時50分ごろ

 車両のパンタグラフ故障で一部区間が2、3日にわたり長時間運休したJR仙石線は4日、始発から平常運転に戻った。夜間点検で架線に故障原因とみられる接触痕が見つかり、JR東日本仙台支社は対策を施した。
 仙台支社によると、高城町−手樽駅間の高城町トンネル入り口付近で、通常はパンタグラフと触れない架線の金具に接触した痕が見つかった。2日に多賀城駅で、3日に陸前赤井駅でパンタグラフに異常が見つかった車両が接触したと見られる。
 架線に異常な垂下などはなく、2日夜から3日朝にかけての点検では発見できなかった。仙台支社は架線の金具の位置を動かすなどして、パンタグラフと触れないよう処置した。引き続き接触した原因を調べている。
 今回のトラブルは2、3の両日午後、普通列車のパンタグラフに異常が見つかり、全線で一時運転を見合わせた。2日は東塩釜−石巻間、3日は高城町−石巻間が終日ストップ。2日間で計115本が運休し、約4万人に影響した。
 仙台駅を訪れた多賀城市の宮城教育大4年横田貴樹さん(21)は「不安だったので運行状況を確認するため少し早めに出発した。通学に仙石線を利用しており、運休は困る。今日は安心して帰れる」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年08月04日土曜日


先頭に戻る