宮城のニュース

<ベガルタ>サポーターをおもてなし ユアスタにバッテリーやおしぼり用意

J1仙台がユアスタ仙台内に設けた無料提供・貸し出し用ブース

 サッカーJ1仙台が、ユアテックスタジアム仙台(仙台市泉区)でのホーム試合開催時に無料で携帯端末用モバイルバッテリーを貸し出し、おしぼりなどを提供するサービスを始めた。来場者の観戦環境を向上させ、リピーターを増やすのが狙い。関係者は「快適に観戦してチームを後押しして」と呼び掛ける。
 サービスは7月18日の横浜M戦から。スタジアム内2カ所と場外の総合案内ブースで提供している。スマートフォンやタブレット端末の充電に使うモバイルバッテリーを貸し出すほか、おしぼりやビニール袋、おむつ、取り皿、紙コップなど8品目を無料で提供。汚れ拭きや飲食物の取り分けなどに使ってもらう。
 チームを運営するベガルタ仙台が来年の設立25周年に向けて観戦環境の向上に取り組む「ニコニコプロジェクト」の一環。提供品はクラブ職員が検討し、サポーターの要望を取り入れて変更し増加させるという。
 担当者は「初めて来場した方がリピーターになってもらえたらうれしい。あいさつの徹底などソフト面も充実し、来場者をおもてなししたい」と話す。


2018年08月04日土曜日


先頭に戻る