宮城のニュース

<甲子園>開会式リハーサル 仙台育英高ぶる

第100回全国高校野球選手権記念大会のリハーサルで行進する仙台育英の選手たち

 第100回全国高校野球選手権大会に宮城代表として出場する仙台育英は4日、甲子園球場(兵庫県西宮市)で、開会式のリハーサルに臨んだ。
 行進練習を終えた阿部大夢(ひろむ)主将(3年)は「先輩たちに連れてきてもらった昨年とは違う、特別な感じがした。本番は行進のテンポを上げ、足並みをそろえたい」と意気込んだ。初戦の浦和学院(南埼玉)戦に向け、須江航(わたる)監督は「相手は投打ともに優れている。小差のまま試合を運び、後半に力を発揮したい」と話した。
 浦和学院の森士(おさむ)監督は「仙台育英は個々のレベルが高く一体感もある。ロースコアの試合となるだろう」と語った。
 開会式は5日午前9時から。仙台育英と浦和学院の2回戦は大会8日目の12日午前10時半開始予定。


2018年08月05日日曜日


先頭に戻る