広域のニュース

秋田や山形で局地的な大雨 酒田で1時間112ミリ

 東北地方は5日、日本海から延びる前線や低気圧の影響で局地的に大雨となった。秋田市や酒田市では猛烈な雨が降り、秋田、山形、宮城各県の一部に土砂災害警戒情報が出された。気象庁は、山形県を中心に6日明け方にかけて土砂災害や河川の増水、低地の浸水に警戒するよう呼び掛けた。落雷や突風にも注意が必要。
 秋田市では5日午前9時25分ごろまでの1時間雨量が81.0ミリ、酒田市では午後1時40分までの1時間雨量が112.5ミリに上った。酒田市の一部には避難指示が発令された。青森県深浦町では明け方、酒田市と山形県遊佐町では午後に記録的短時間大雨情報が相次いで出された。
 7日午前0時までの24時間雨量は多い所で、東北の日本海側で100ミリ、太平洋側で80ミリと予想される。


関連ページ: 広域 社会

2018年08月06日月曜日


先頭に戻る