宮城のニュース

<E番が選ぶイチワシ>不動の3番 勝負強さ発揮

島内宏明外野手

◎7月 島内宏明外野手

 前月に印象的な活躍を見せた東北楽天の選手を取材班が選ぶ「E番が選ぶイチワシ」。7月は月間打率3割1厘、17打点の島内宏明外野手に決めました。「(4月に痛めた)右脇腹の不安がなくなったのが大きいですね」と好調の要因を挙げます。
 4月20日に右脇腹痛で出場選手登録を抹消され、6月12日の中日戦で復帰を果たしました。17日以降は不動の3番として、1番田中、2番茂木と組む通称「タナモギアイランド」の中で勝負強さを発揮しています。
 「プロ生活で一番の当たりでした」と会心の笑みを見せるのが、7月17日のロッテ戦(ZOZOマリン)です。1−1の六回、ロッテ先発石川の2球目の外角シュートを思い切り振り抜き、右中間への勝ち越しソロ。前日には延長十回に勝ち越しの中前打を放ち、2夜連続でヒーローとなりました。6月末時点で1割8分2厘だった得点圏打率は、2割7分8厘(7月末時点)に急上昇しました。
 第100回全国高校野球選手権大会が5日に開幕しました。「2年ぶりに母校(石川・星稜高)が出場していることがいい刺激になっています。夏は余計な力が抜ける感じがして好きなので、8月はもっと打ちます」。甲子園の熱戦に負けず、島内選手も打ち続けてくれそうです。


2018年08月07日火曜日


先頭に戻る