宮城のニュース

<東海インターハイ>サッカー男子 仙台育英初戦敗退

サッカー男子1回戦 日章学園−仙台育英 後半23分、仙台育英・志村(5)がシュートを決め、2−1とする

 第7日は7日、三重県の四日市市中央緑地フットボール場などで行われ、サッカー男子1回戦で仙台育英は日章学園(宮崎)にPK戦で敗れた。自転車の男子個人ロードレース(70.0キロ)で高橋舜(東北)が12位に入った。卓球男子シングルスの石沢克仁(聖和学園)は5回戦で敗退し、準々決勝には進めなかった。

◎サッカー
(三重交通Gスポーツの杜鈴鹿ほか)
 ▽男子1回戦

日章学園(宮崎) 2/0−0/2 仙台育英
           2−2
    (PK4−1)
▽得点者【日】河原、鈴木【仙】中楯、志村

 ○…堀江主将「最後に甘さが出た」 仙台育英が後半ロスタイムに同点とされ、PK戦に敗れて初戦で敗退した。堀江主将は「最後に甘さが出た。やりきれない思いがある」と悔しさをあらわにした。
 立ち上がりから前線でプレスをかける積極策に出た。0−1の後半16分、セットプレーから追い付き、23分にはCKのこぼれ球をDF志村がゴール右隅に蹴り込んで一時は勝ち越したが、終了間際にマークが甘くなったところを突かれた。城福監督は「集中力を切らすと付け込まれてしまう。全国の上位に進むためには課題が残った」と話した。


2018年08月08日水曜日


先頭に戻る