山形のニュース

<山形最上大雨>5市町村の避難指示解除 戸沢の3世帯、依然孤立

 記録的な大雨で浸水被害を受けた山形県最上地方の尾花沢市など5市町村は7日までに、3048世帯に出されていた避難指示を全て解除した。
 県によると、床上浸水は鶴岡市など1市2町で4棟、床下浸水は戸沢村など8市町村で141棟。集落の孤立は舟形町と大蔵村で解消し、戸沢村の3世帯を残すのみとなっている。避難所の多くは閉じられたが、戸沢村の3施設に計63人が自主避難している。戸沢村の274世帯、大蔵村の30世帯、新庄市の17世帯では断水が続いた。


関連ページ: 山形 社会

2018年08月08日水曜日


先頭に戻る