宮城のニュース

<楽天>西巻、初先発でプロ初安打「一塁上で気付いた」

3回東北楽天無死一塁、西巻がプロ初打席で左前打を放つ

 東北楽天の新人西巻(仙台育英高出)が3試合目で初めて先発出場し、いきなり2安打と活躍した。
 三回無死一塁のプロ初打席では、日本ハム先発村田に2ボール2ストライクと追い込まれながら、スライダーを左前に運んだ。「2点リードされていたので何とかつなぎたいと思った。一塁上で初安打だと気付いた」と集中していた。七回には左腕の宮西から中前打を放った。
 ただ、1−2の九回1死二塁の同点機では空振り三振に倒れ「2安打はうれしいが、悔しさの方が上回る」と笑顔はなかった。それでも平石監督代行は「ものすごくいい内容だった。守れるし、次もチャンスをあげたい」と高く評価した。


2018年08月09日木曜日


先頭に戻る