宮城のニュース

<楽天>拙攻続きわずか1得点 11安打も併殺打が三つ

6回東北楽天1死一、二塁、三ゴロ併殺に倒れる山下

 東北楽天は日本ハムの倍近い11安打を放ったが、三つの併殺打が響き、わずか1得点に終わった。前日に続き、接戦をものにできなかった。
 打線は一回1死から茂木、島内の連打で一、二塁としたが、今江が遊ゴロ併殺打に倒れて先制機を逃した。三回は先頭聖沢の中前打と西巻のプロ初安打となる左前打で無死一、二塁の絶好機を築く。だが田中が遊飛、茂木が投ゴロ併殺打に打ち取られ、またも無得点に終わった。
 先発村田の内外角を使う投球術に翻弄(ほんろう)され、栗原打撃コーチは「相手の球に合わせにいってしまった」と嘆く。
 ただ、その後も反撃の機会はあった。1−2の六回、先頭の今江が四球で出塁。続く銀次が2番手加藤から右前打を放ち一、二塁と攻め立てたが、後が続かない。ウィーラーは左飛、続く山下はボール気味の球に手を出し三ゴロ併殺打に。「ここで一本が出れば試合は変わっていた」。女房役の山下は力投する古川を援護できず悔やんだ。
 唯一の得点は0−2の五回、2死二塁から茂木の三塁内野安打を三塁手レアードが捕球ミスし、二走の聖沢が生還した1点。再三の得点機を生かせず、平石監督代行は「僕の責任です」と、苦虫をかみつぶしたような表情を浮かべた。(伊藤卓哉)


2018年08月09日木曜日


先頭に戻る