岩手のニュース

<盛岡市長選>内舘氏が立候補を表明

 任期満了(2019年9月1日)に伴う盛岡市長選で、盛岡市の会社役員内舘茂氏(51)が8日、無所属で立候補する意思を表明した。15年の前回市長選にも立候補しており、国民民主党の階猛衆院議員(岩手1区)の支援を受けた。
 内舘氏は記者会見で「現市政は中心市街地のまちづくりのビジョンが見えない。市政運営には経営感覚が必要だ」と述べた。政党の支援は「未定だが、申し出があれば受けたい」と話した。
 内舘氏は盛岡市出身で学習院大卒。市内で建築資材卸売会社などを経営する。盛岡青年会議所(JC)理事長や日本JC岩手ブロック協議会長などを務めた。階氏とは高校の同級生。
 前回は現職の谷藤裕明氏(68)との一騎打ちになり、1万6653票差で敗れた。盛岡市長選への立候補表明は内舘氏が初めて。4期目の谷藤氏は態度を明らかにしていない。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2018年08月09日木曜日


先頭に戻る