広域のニュース

<台風13号>東北接近 太平洋側で激しい風雨 仙台空港発着便など影響

台風13号の接近で波が激しく打ち寄せた=9日午前6時30分ごろ、仙台市宮城野区の仙台港

 強い台風13号は9日、暴風域を伴いながら茨城県沖を北上した。今後は勢力をやや弱めながら東北の太平洋側を進み、少しずつ進路を東寄りに変えていく見込み。速度が遅く影響が長引くため、仙台管区気象台は暴風雨や高波に厳重な警戒を呼び掛けた。
 東北は太平洋側を中心に、9日夜にかけて雷を伴った激しい雨が降り、暴風となる。海は10日にかけて大しけになる見通し。台風が近づいた際には高潮にも注意する必要がある。
 台風は9日午前11時現在、茨城県日立市の東約50キロを時速20キロで北に進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心の東側90キロ以内と西側20キロ以内が風速25メートル以上の暴風域になった。千葉県銚子市で27.5メートルの最大瞬間風速を観測した。
 管区気象台によると、9日午前11時までの24時間降水量は福島市鷲倉147.0ミリ、福島県川内村川内130.5ミリ、宮城県丸森町筆甫127.5ミリ、福島県浪江町津島119.0ミリなど。
 9日に予想される東北の最大風速(最大瞬間風速)は太平洋側南部の海上30メートル(45メートル)、陸上20メートル(35メートル)、北部の海上20メートル(30メートル)、陸上12メートル(25メートル)。
 10日正午までの24時間予想雨量はいずれも多い所で東北の太平洋側南部120ミリ、北部と日本海側南部80ミリ。
 管区気象台によると、台風は東北太平洋側の海上を北上した後、三陸沖を東北東に進み、10日夜までに温帯低気圧に変わる見込み。
 仙台空港発着便は朝から多くの便が欠航した。仙台国際空港(名取市)によると午前11時現在、国内線39便、国際線2便の計41便が欠航を決めた。影響は少なくとも夕方まで続く見込み。
 塩釜市の塩釜港と浦戸諸島を結ぶ定期便の塩釜市営汽船は午前中、石浜−朴島間が一部を除き欠航。午後は全区間で終日運転を見合わせる。
 JR陸羽東線は6日の大雨の影響で、鳴子温泉−新庄間が10日まで終日運休が決まっている。


関連ページ: 広域 社会

2018年08月09日木曜日


先頭に戻る