広域のニュース

<若鷲旗>米沢二(山形)零封勝ち

 若鷲旗争奪東北中学校野球大会は8日、山形市総合スポーツセンター(SC)野球場と天童市スポーツセンター野球場で準々決勝4試合があり、米沢二(山形)種市(岩手)秀光中教校(宮城)久慈(岩手)が準決勝に進んだ。
 最終日の9日は、両球場で準決勝の後、天童市SC野球場で準決勝の敗者2校による全国大会代表決定戦、山形市総合SC野球場で決勝が行われる。
(東北中学校体育連盟、河北文化事業団など主催)

 ▽準々決勝(山形市総合SC)

米 沢 二(山形)0000002=2
しらかし台(宮城)0000000=0

 【評】米沢二が終盤に試合を決めた。0−0の七回、四球と盗塁で築いた1死二塁から加藤の右越え三塁打で先制し、暴投で1点を追加した。しらかし台は三塁まで4回も走者を進めながら一本が出ず残塁は11に上った。

<加藤、均衡破る殊勲打>
 米沢二の加藤が七回に均衡を破る殊勲打を放った。「前の打者がバントを失敗したので、自分が走者をかえしたいと思った」と笑顔で語った。
 1死二塁で2ボールからの3球目、狙いを絞ったカーブをすくい上げるように振り抜き、右越えの適時三塁打とした。球場がどよめく大きな当たりに坂川監督は「もともと思い切りのいい打者。臆せず振ってくれた」とたたえた。
 開催県の山形勢で唯一ベスト4に残り、周囲の期待は高まる。加藤は「チーム全員でいつも通りの野球をして全国大会に行きたい」と意欲的に話した。

<しらかし台・吉田主将(再三の好機に一本が出ず)>
「どこのチームより練習してきたという自信があったので悔しい。打てる球と思ったがボールの下をたたいてフライが多かった。2年生には全国大会に行ってほしい」


2018年08月09日木曜日


先頭に戻る