広域のニュース

<若鷲旗>久慈(岩手)リード守る

久慈―梁川 1失点完投した久慈の工藤

 若鷲旗争奪東北中学校野球大会は8日、山形市総合スポーツセンター(SC)野球場と天童市スポーツセンター野球場で準々決勝4試合があり、米沢二(山形)種市(岩手)秀光中教校(宮城)久慈(岩手)が準決勝に進んだ。
 最終日の9日は、両球場で準決勝の後、天童市SC野球場で準決勝の敗者2校による全国大会代表決定戦、山形市総合SC野球場で決勝が行われる。
(東北中学校体育連盟、河北文化事業団など主催)

 ▽準々決勝(天童市SC)

久 慈(岩手)0110001=3
梁 川(福島)0000001=1

 【評】久慈がリードを守り切った。二回、西野の内野ゴロの間に先制。三回は星野の適時二塁打で2点目を奪い、七回にも加点した。梁川は七回に2連続二塁打で1点を返すにとどまった。

<2年生工藤、2戦連続完投>
 久慈の工藤が2戦連続完投で4強進出に貢献した。「強気で腕を振り、攻めの姿勢で投げ抜いた」と胸を張った。
 低めに集める制球力がさえた。相手打線の情報が少ない中、序盤は緩急をつけて打たせて取った。中盤からは変化球でカウントを稼ぎ、低めの速球を勝負球にして計7三振を奪った。
 岡田監督に「投手陣の中で今一番勢いがある」と先発を任されている2年生。「先輩たちが守ってくれるので安心して投げられる」と感謝した。


2018年08月09日木曜日


先頭に戻る