宮城のニュース

台風バイバイ 青空久々 宮城県内気温上昇

台風一過で久々の青空が広がった=10日午前10時10分ごろ、仙台市青葉区中央1丁目

 台風13号が過ぎ去った10日、宮城県内は朝から青空が広がり、気温もぐんぐん上昇した。ただ、気圧の谷の影響で夕方から曇りとなり、雨の降る所もある。
 仙台管区気象台によると、午前11時現在、前日の最高気温が25.5度だった仙台は31.8度に達した。各地の最高気温も蔵王町蔵王33.0度、丸森町丸森32.6度、亘理町亘理32.4度など、17地点で真夏日を記録した。仙台市中心部では、高層ビルに夏空が映り、帽子姿や日傘を差した人たちが行き交った。
 11日の県内は気圧の谷の影響で曇りだが、次第に高気圧に覆われ、昼前から晴れる見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2018年08月10日金曜日


先頭に戻る