宮城のニュース

<楽天>楽天打線15安打10得点 今江とウィーラー、猛打けん引

3回、3ランを放ち、二走今江(中央)らに迎えられる東北楽天・ウィーラー

 東北楽天打線が15安打10得点の猛攻で圧倒した。
 主力2人がけん引した。先陣を切ったのが今江。一回1死一、二塁で堀の内角直球を中前に運び先制打。前日の一回1死一、二塁では遊ゴロ併殺打に倒れていただけに「昨日の反省をしっかり生かせた」。
 ウィーラーも続いた。2死後、高めの直球を捉え左中間に2点二塁打。「つなぐ意識でいたので続いて良かった。今江がよく走ってくれた」と笑った。
 2人の打棒はこれで終わらない。三回はウィーラーが初球のスライダーに反応し、左中間スタンドへ豪快な3ラン。五回には今江が左越えに7月24日以来となる一発を放ち、2人で計7打点の活躍だった。
 この日はアマダーのドーピング違反というショックな出来事があった。平石監督代行は試合前、選手に「もう一回、一つになってやっていこう」と話したという。指揮官は「選手には少なからず動揺はあったと思うが、よく前を向いてやってくれた」とたたえた。(中村紳哉)


2018年08月10日金曜日


先頭に戻る