宮城のニュース

<東北中学野球>秀光中教校全国大会へ 準決勝快勝

秀光中教校―久慈 3回裏秀光中教校無死三塁、八巻が中越え適時三塁打を放ち、2―0とする=天童市スポーツセンター野球場

 第47回若鷲旗争奪東北中学校野球大会は10日、山形市総合スポーツセンター野球場と天童市スポーツセンター野球場で準決勝を行い、秀光中教校(宮城)と種市(岩手)が勝って、全国中学校軟式野球大会(19〜23日、広島県呉市など)の出場権を獲得した。
 秀光中教校は久慈(岩手)に零封勝ち。二回1死一、三塁で内野ゴロの間に先制。三回は八巻の適時三塁打などで2点を追加。五回も2点を加えた。投げては先発伊藤ら4投手の継投が決まった。種市は米沢二(山形)に逆転勝ち。1−3の六回、北沢総の右前適時打などで3点を奪い試合をひっくり返した。

 ▽準決勝

久慈(岩手)
   0000000=0
   012020×=5
秀光中教校(宮城)

種 市(岩手)
   0000130=4
   0030000=3
米沢二(山形)


関連ページ: 宮城 スポーツ

2018年08月10日金曜日


先頭に戻る