広域のニュース

<台風13号>東北太平洋沿岸を北上 大しけ、警戒呼び掛け

台風13号の接近に伴い、一時大粒の雨が降った=9日午前10時ごろ、仙台市青葉区のJR仙台駅西口

 台風13号は9日、暴風域を伴いながら房総半島の東から東北の太平洋側にゆっくりと進んだ。三陸沖を東北東に進み、10日夜には温帯低気圧に変わる見通し。仙台管区気象台は海の大しけが続くとして警戒を呼び掛けた。
 台風は9日午後9時現在、石巻市の東南東約120キロを時速20キロで北北東に進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心の南東側440キロ以内と北西側280キロ以内が風速15メートル以上の強風域になった。最大風速が33メートル未満で「強い台風」ではなくなった。
 管区気象台によると、9日午後5時までの24時間降水量は福島市鷲倉149.0ミリ、福島県川内村川内137.5ミリ、宮城県丸森町筆甫134.5ミリ、福島県浪江町津島126.0ミリなど。
 最大瞬間風速はいわき市小名浜で19.4メートル、福島県飯舘村飯舘と白河で18.5メートルを観測。同県内は沿岸部を中心に冠水や高潮の影響などによる通行止めが相次いだ。
 内陸の吾妻連峰を走る福島市の磐梯吾妻スカイラインでは9日午前7時ごろ、路肩が約40メートルにわたり崩壊しているのが見つかった。大雨の影響とみられ、県は今後、通行止めを継続するかどうか判断する。
 10日午後6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で東北の太平洋側北部60ミリ、南部50ミリ、日本海側南部30ミリ。
 10日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は東北の太平洋側南部の海上20メートル(30メートル)、陸上17メートル(30メートル)、北部の海上18メートル(30メートル)、陸上11メートル(25メートル)。


関連ページ: 広域 社会

2018年08月10日金曜日


先頭に戻る