宮城のニュース

<楽天>塩見力負け 3被弾、西武打線に屈す「打たれたのは全部高めの球だった」

4回西武1死一塁、中村(手前)に逆転の2ランを許し、ぼうぜんとする東北楽天先発の塩見(伊深剛撮影)

 東北楽天の先発塩見が西武の強力打線に屈し、「力負けです」と脱帽した。
 二回までは無安打3奪三振とほぼ完璧に封じていたが、嫌な感じがあった。「ストライクゾーンの四隅を突いても見切られていた」。2巡目に入った三回2死から秋山(八戸大出)、源田に連打を浴び雲行きが怪しくなる。
 味方が2点を先制した直後の四回、先頭の山川(富士大出)に初球のカーブを左翼席に豪快にたたき込まれた。「甘い球は見逃してくれない」と塩見。ただ、初球のカーブを狙い澄ましたかのような山川のフルスイングで、西武打線にスイッチが入った。
 1死一塁で、6試合連続本塁打のリーグタイ記録が懸かっている中村を迎えた。内角高めの直球を軽々と左中間に運ばれる逆転2ラン。平石監督代行は「先制した後、すぐにひっくり返されたのは痛かった」と表情を曇らせた。
 六回にも先頭森に右越えソロを許した。「打たれたのは全部高めの球だった」と反省する。
 今季2勝はいずれも西武戦。「レオキラー」としてカード初戦を勝ち、最下位脱出の足掛かりにする算段は崩れた。塩見は「今まではたまたま抑えられていただけ。次の対戦に向けて気持ちを切り替える」と悔しさをにじませた。(伊藤卓哉)


2018年08月11日土曜日


先頭に戻る