宮城のニュース

<ベガルタ>中野、堅守とゴール誓う

中野嘉大

 手応えと悔しさ。中野が二つの思いを携えて柏戦に臨む。
 左WBで先発した前節の磐田戦で2戦連続のゴールを決めたが、本人は「3失点全てに絡み、試合を壊してしまった」と反省。柏戦では中央寄りのインサイドハーフ(攻撃的MF)で出場する見込みで「しっかり守備をしながら、前めの位置から仕掛けていく」と意気込む。
 前々節の名古屋戦でゴールを決めた際に右肘を痛めた。練習では患部をサポーターで保護し、肘を曲げたままでプレー。痛々しい姿にも「違和感はあるが、足のけがよりいい」と前向きで、3戦連続のゴールと堅守を目指す。


2018年08月11日土曜日


先頭に戻る