宮城のニュース

<ベガルタ>板倉、柏のキーマン封じる「攻め込まれても前向きにプレー」

 仙台の板倉が柏のキーマン伊東を封じた。「攻め込まれても我慢しよう、耐えようと前向きにプレーした。なかなか勝てずに悔しかったが、チームにとっては良かった」と4試合ぶりの勝利を喜んだ。
 最終ラインで踏ん張りつつ、素早い状況判断で前線に顔を出し好機を演出。それでも「もっとタフに上下動を繰り返さないといけない」と表情は引き締まったままだ。ジャカルタ・アジア大会に出場する21歳以下日本代表に合流するため、当面はチームを離れる。「常に危機感を持って、アピールを続けたい」と代表でもフル回転の活躍を誓った。


2018年08月12日日曜日


先頭に戻る