宮城のニュース

<甲子園>仙台育英、浦和学院に敗れる

浦和学院―仙台育英 初戦で浦和学院に敗れ、うつむきながらアルプススタンドにあいさつに向かう仙台育英ナイン=甲子園

 第100回全国高校野球選手権大会第8日は12日、甲子園球場で2回戦が行われ、宮城代表で2年連続27度目出場の仙台育英は浦和学院(南埼玉)に0―9で屈し、初戦敗退。3回戦に進めなかった。
 仙台育英は田中星流が先発登板。一回2死二、三塁から二塁打を許し2点を先取された。三回は連続長打などで0―4とされ、この回途中で降板。2番手大栄陽斗は七回まで打たせて取る投球で無得点に抑えたが、八回にソロ本塁打などで2点を奪われ、九回も3失点。
 打線は0―2の一回、2死球などで1死一、三塁と反撃機をつくるも後続が2者連続三振に倒れた。この後、三、四、五回の好機を逸し、九回は岩渕淳也の中前打などで2死一、二塁と攻めたが無得点に終わった。

 ▽2回戦
浦和学院(南埼玉)202000023=9
仙台育英(宮城) 000000000=0


2018年08月12日日曜日


先頭に戻る