青森のニュース

<甲子園>八戸学院光星、延長制す

 第7日は11日、1、2回戦計4試合が行われ、2年ぶり出場の八戸学院光星(青森)が初出場の明石商(西兵庫)を延長十回、9−8で下し2回戦へ進んだ。12年連続出場の聖光学院(福島)は8年ぶり出場の報徳学園(東兵庫)に2−3で敗れた。報徳学園は3回戦進出。

 ▽1回戦(第2試合)

八戸学院光星(青 森)2401100001=9
明石商   (西兵庫)1004003000=8(延長十回)

 【評】八戸学院光星が延長戦を制した。東の2本塁打などで五回までに8点を奪ったが、七回に追い付かれた。8−8の延長十回2死一、二塁から中村の左前打が失策を呼んで決勝点を挙げた。中村は投げても3回無失点で、3番手として好救援を見せた。
 明石商はしぶとい打撃で最大6点差を追い付いたが、最後に力尽きた。

<今後に向けて収穫/八戸学院光星・仲井宗基監督の話>
 終盤に追い付かれながら、延長戦を勝ち切ることができたのは今後に向けて収穫だ。選手は球場独特の雰囲気にのまれそうになっても、粘り強く試合をしてくれた。


2018年08月12日日曜日


先頭に戻る