宮城のニュース

<河北杯フットサル>MICALO 2年連続優勝

熱戦が繰り広げられた決勝

 河北カップ第23回県ジュニアユースフットサル大会兼第24回全日本ユース(U−15)フットサル大会県予選(県サッカー協会、河北新報社主催)が11、12日、大崎市の古川総合体育館であり、MICALO SENDAI Jrユース(富谷市)が2年連続3度目の優勝を果たした。
 予選リーグに、県内の中学校サッカー部やクラブチームなど14チームが参加。4ブロックの優勝チームで決勝トーナメントを行った。決勝戦は、先行したMICALO SENDAIが、ラソススポルチクルービ仙台(仙台市)の猛追をかわし、競り勝った。
 優勝、準優勝の2チームは11月17、18日に郡山市で開かれる東北大会に出場する。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2018年08月14日火曜日


先頭に戻る