宮城のニュース

<楽天>西武に3−1 連敗2で止める

12回東北楽天1死一塁、茂木が右越えサヨナラ2ランを放つ=楽天生命パーク宮城

 東北楽天は延長十二回1死一塁から茂木の2ランでサヨナラ勝ち。連敗を2で止めた。
 打線は一回2死二塁から今江の左前打で先制。先発辛島が六回に森に同点打を許したが、七回以降を松井、青山、ハーマン、高梨、久保が無失点でしのいだ。十二回を投げた7番手宋家豪が4勝目。
 西武は八回1死満塁の勝ち越し機を逃すなど好機に一打を欠いた。

 東北楽天−西武20回戦(西武14勝6敗、17時、楽天生命パーク宮城、
26,852人)
西 武000001000000=1
楽 天100000000002x=3(延長12回)
(勝)宋家豪24試合4勝2敗
(敗)斉藤大7試合1勝1敗
(本)茂木7号(2)(斉藤大)


2018年08月14日火曜日


先頭に戻る