宮城のニュース

<B2仙台>新体制を披露 1部昇格誓う

新ユニホームを披露する(左から)ミラー、月野、白戸の各選手

 バスケットボール男子、Bリーグ2部(B2)の仙台は12日、9月の開幕に向けた決起集会を仙台市太白区のイケア仙台で開いた。集まった約250人のブースターに、桶谷大新監督を迎えた新体制と新しいユニホームを披露した。
 参加したのは桶谷監督のほか、新外国人2選手を含む10選手。桶谷監督は「唯一無二の目標であるB1(Bリーグ1部)昇格を果たす」と誓った。今季主将を務める月野雅人選手は「結果を残してブースターの期待に応えたい」と話した。
 新ユニホームは3種類。ホーム用は従来の黄色から黒地となった。チームは8月28〜31日に南三陸町でキャンプし、9月1日に酒田市でB2山形、2日には南三陸町でB1富山とプレシーズンゲームを行う。開幕は29日、敵地で福島と戦う。


2018年08月14日火曜日


先頭に戻る