福島のニュース

<いいたてスポーツ公園>若者呼び込む交流拠点施設、福島にオープン

トラックを走って行われたテープカット

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が昨年3月、一部を除き解除された福島県飯舘村で12日、「いいたてスポーツ公園」がオープンした。村は合宿誘致などを進め、村内に若者を呼び込む拠点施設にしたい考えだ。
 村役場などに近い既存の陸上競技場を、村が大規模改修した。400メートルトラックは全天候型舗装にし、サッカー場は人工芝に張り替えた。新設した屋内コートは、テニスやフットサルなどを冬季も実施できる。総事業費は26億円。
 同日の式典で、元マラソン五輪代表でスポーツジャーナリスト増田明美さんと地元の小中学生らがトラックを約200メートル疾走。ゴールに合わせてテープカットした。菅野典雄村長は「村外から人を呼び込み、交流人口を増やしたい」と話した。
 利用は村民が無料で、それ以外は有料。要予約。連絡先はいいたてスポーツ公園0244(42)0152。


2018年08月14日火曜日


先頭に戻る