岩手のニュース

転覆ボート発見 岩手・久慈市沖で不明の3人見つからず

転覆した状態で発見され、引き上げられたボート=15日午前11時50分ごろ、岩手県久慈市の久喜港

 岩手県久慈市沖にボートで海釣りに出掛けた男性3人が14日から行方不明になっている事故で、八戸海上保安部は15日午前10時ごろ、同市三崎漁港の南3.2キロの沖合で、3人が乗っていたボートが転覆しているのを発見した。周辺海域に3人の姿は見当たらず、八戸海保などがヘリコプターと巡視船などで捜索を続けている。
 八戸海保によると、行方不明になっているのは久慈市の会社員瀬野昭司さん(46)、東京都の大工外舘博幸さん(43)、青森市の小学6年樋渡翔成(かいせい)君(12)。
 3人は14日午前7時ごろ、瀬野さんが所有する船外機付きの組み立て式ボート(長さ3.3メートル、幅1.6メートル)で久慈市の舟渡漁港から海釣りに出掛けた。
 同9時半ごろ、ボート上で釣りをする翔成君の動画が母親の美樹さん(41)の携帯電話に送られてきたのを最後に、連絡が途絶えた。出港時、3人は救命胴衣を着用していた。
 3人は親戚で、毎年お盆に釣りに出掛けるのが恒例だったという。美樹さんは取材に対し「まさかこんなことになるなんて。早く見つかってほしい」と不安そうな表情で語った。


関連ページ: 岩手 社会

2018年08月15日水曜日


先頭に戻る