岩手のニュース

棚田をのんびり走ろう 花巻・東和で来月23日イベント 歴史や食も楽しんで

田園風景が広がるコース

 岩手県花巻市東和町の農村風景や歴史名所を眺めながら走る「東和棚田のんびりRun(ラン)」が9月23日、開かれる。
 ほら貝の合図で花巻東和温泉を出発。中世の豪族和賀氏一族の居城「毒沢城跡」や奥州藤原氏の初代清衡が信仰した「丹内山神社」を通り、ホテルフォルクローロ花巻東和までの21.6キロを駆け抜ける。
 コースは緩やかな起伏が続き、黄金色の稲穂が揺れる棚田を一望できる。地元産リンゴや農家手作りの団子、まんじゅうを味わえるエイドステーションも設置。のんびり走ってもらうため、タイムは計測しない。
 地元住民でつくる実行委員会が交流人口を増やそうと企画。実行委員長の自営業川村智子さん(45)は「地域の人や東和町の歴史に触れながら棚田のきれいな景色を楽しんでほしい」と話す。
 申し込みは8月31日まで。定員60人。連絡先は実行委事務局0198(29)6500。


関連ページ: 岩手 文化・暮らし

2018年08月15日水曜日


先頭に戻る