宮城のニュース

<楽天>森原、復帰戦で力投 打者3人完璧に抑える「やはり1軍のマウンドはいいですね」

 3月に右肘のクリーニング手術を受けた森原が2番手で今季初登板を果たし、打者3人を完璧に抑えた。1軍で投げるのは昨年9月13日の西武戦以来。「楽しかった。やはり1軍のマウンドはいいですね」と充実感たっぷりに語った。
 1−6の六回、先発古川が2ランを浴び降板した直後を任された。最初の松田宣はわずか3球、最後はフォークボールで空振り三振に仕留め、続く甲斐も力強い直球で3球三振。今宮にはこの日最速の152キロの直球でカウントを有利にし、右飛に打ち取った。
 森原は「早く追い込んで抑えられたのが良かった。しっかり患部をケアしながらこの先も投げたい」と意気込んだ。森山投手コーチも「去年のいい時のボールだった。試合は負けたが、プラス材料」と話した。


2018年08月16日木曜日


先頭に戻る