福島のニュース

250万本の太陽輝く 喜多方・三ノ倉高原のヒマワリ見頃

斜面が黄色に染まったヒマワリ畑

 福島県喜多方市熱塩加納町の三ノ倉高原(約650メートル)で、ヒマワリが見頃を迎えた。約8.4ヘクタールに約250万本が咲く東北最大規模のヒマワリ畑は15日、お盆休みの観光客でにぎわった。
 スキー場に造成された5区画の畑のうち3区画が満開となった。訪れた人たちは散策しながら写真を撮ったり、眼下に広がる会津盆地の絶景とのコントラストを楽しんだりしていた。
 ヒマワリ畑はスキー場の有効活用として市が2012年から整備。市によると、9月上旬まで楽しめる。
 現地では8月の土日を中心にウオークラリーなどの各種イベントもある。連絡先は喜多方市熱塩加納総合支所産業課0241(36)2115。


関連ページ: 福島 社会

2018年08月16日木曜日


先頭に戻る