宮城のニュース

<楽天>執念の打線、6回一気の攻め 銀次同点打、今江決勝打

6回東北楽天1死満塁、銀次が左前に同点打を放つ(西日本新聞)
6回東北楽天1死満塁、今江が右犠飛を打ち3−2と勝ち越す

 東北楽天は敗れれば、クライマックスシリーズ(CS)に自力で進出する可能性が消滅する瀬戸際の一戦で打線が執念を見せた。平石監督代行は「この勝利は大きい」とうなずいた。
 打線に食らい付くような勝負強さが戻ったのは、1点を勝ち越された直後の六回。1死から茂木の死球、続く島内の中前打、枡田の四球で満塁とした。
 打席の銀次は「内角に攻めてきたので、さされないように、平らにしたバットをうまく当てるような意識だった」。独特の感覚ではじいた球は、しぶとく左前に落ちて同点に。「ああいうヒットが出たのは大きい。調子がいいバローメーター」と笑みを浮かべた。
 なおも1死満塁で、今江が「最低限のことはするつもりだった」と、右翼フェンス際に犠飛を放ち勝ち越す。一気に上位との差を縮めたかった3位ソフトバンクとの連戦は、この試合までわずか1安打と振るわなかった。「とにかく運気を変えたかった」。代名詞であるひげをそって臨んだ一戦で2安打と気を吐いた。
 次は本拠地でロッテとの3連戦だ。今季はまだホームでの同一カード3連勝がない。福岡で逆転勝ちした意地を、いったん落ち着いてしまった勢いの再加速につなげる。(狭間優作)


2018年08月17日金曜日


先頭に戻る