宮城のニュース

<B2仙台>桶谷新体制が始動 今季初の全体練習「しっかりとした共通認識を確立したい」

軽快な動きを披露したミラー(右)

 バスケットボール男子、Bリーグ2部(B2)仙台は16日、仙台市のHALEOドームで、9月末に開幕する2018〜19年シーズンに向け新チーム初の全体練習を実施した。
 新加入したハリスを含め選手10人全員が参加し、約2時間汗を流した。桶谷新監督はディフェンスの練習に時間を割いた。最後は数的優位な状況での速攻から始まる5対5で練習を締めくくった。新加入センターのミラーがゴール下で存在感を発揮した。
 桶谷監督は「ディフェンスは当たり前のことをしっかりできるようにしなければならない。しっかりとした共通認識を確立したい」と話した。主将の月野は「選手同士のコミュニケーションをもっと活発にし、個々の良いところを引き出していきたい」と語った。
 仙台は18日、花巻市総合体育館でB3岩手とのプレシーズンマッチに臨む。開幕戦は9月29日、宝来屋郡山総合体育館で福島と対戦する。


2018年08月17日金曜日


先頭に戻る