宮城のニュース

猫神さま 闇夜にゆらり 丸森で1500個の竹灯籠

愛らしい猫の顔がくっきりと浮かんだ竹灯籠

 丸森町中心部を竹灯籠で彩る「TAKE1060(たけとうろう)」が11日、町観光案内所「やまゆり館」周辺で行われた。竹林の保全や間伐材の有効利用が目的で、7回目。約1500個の竹灯籠が飾られ、来場者を楽しませた。
 蚕をネズミから守る「猫神さま」にちなみ、猫の顔の形に竹灯籠が並べられた。子どもたちが猫を描いた竹や、東日本大震災からの復興を願う「祈」の字をかたどった灯籠もあった。
 丸森小3年池田明果さん(9)は「竹灯籠に点火して楽しかった。猫の顔がかわいかった」と笑顔で話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年08月19日日曜日


先頭に戻る