宮城のニュース

<楽天>接戦落とす ロッテに0−1

東北楽天―ロッテ 9回東北楽天1死一塁、遊ゴロの併殺打に倒れ最後の打者となってベンチに戻る今江。左は完封勝利を喜ぶロッテの先発・二木(64)らナイン=楽天生命パーク宮城

 東北楽天は接戦を落とした。
 0−0の八回1死満塁で、2番手青山が角中の二ゴロで先制を許した。先発塩見は7回9奪三振、7安打無失点で降板した。立ち上がりから制球が良く、5度の得点圏のピンチがあったものの、要所を締めた。
 打線は九回までわずか2安打に抑えられた。
 ロッテは2連勝で4位浮上。先発二木はプロ初完封で3勝目を挙げた。

東北楽天−ロッテ15回戦(ロッテ9勝6敗、18時、楽天生命パーク宮城、27,351人)
ロッテ 000000010=1
東北楽天000000000=0
(勝)二木9試合3勝3敗
(敗)青山38試合2勝1敗

☆イヌワシろっかーるーむ
<島内宏明外野手(チームの全2安打を放つ)>
 「(先発二木は)フォークボールが直球と同じように見えて打ちにくい。走者がいない時は、ノーステップでタイミングを合わせようと工夫した」


2018年08月18日土曜日


先頭に戻る