宮城のニュース

<ベガルタ>今季初の3連勝へ 序盤から主導権を

G大阪戦に向け、ボール回しの練習で体を動かす大岩(右から2人目)と西村(左端)ら

 勝ってかぶとの緒を締める。仙台は開幕以来の2連勝を飾った一方、試合の序盤や後半の立ち上がりでリズムが悪かった。今季初の3連勝を狙う次こそ安定した試合の入りを心掛ける。
 2戦ともハイプレスに気おされ、前進を阻まれる時間があった。前節の湘南戦はロングボールでかわそうとしたが、こぼれ球を拾えなかった。試合後、石原は「(ロングボールは)狙いではあったが、苦し紛れになった。GKを使って大きく蹴るとか、考えてプレーしないといけない」と課題を口にした。
 試合中に修正はできている。前々節の柏戦は、相手の守備が緩慢な右サイドで攻撃の足場を固めた。湘南戦の後半には、主将の富田が布陣変更を渡辺監督に進言し、流れを取り戻した。
 とはいえ、2戦とも相手のミスに救われた部分があった。相手に決定力が備わっていれば、序盤から一気に試合を支配されかねない。G大阪はプレスより、手堅い守備からのカウンターが怖い。リスク管理で集中を切らさず、序盤から主導権を握りたい。
 大岩は「試合中に対応できたという以前に、(試合の)入りを問題にするべきだ。しっかり戦わないといけない」と自戒を込める。G大阪には9戦連続で勝てていない。連勝ムードに浮かれず、次の白星を奪いにいく。(佐藤夏樹)


2018年08月19日日曜日


先頭に戻る