宮城のニュース

青森ねぶた「項羽の馬投げ」勇壮に 東松島・あおい地区で夏祭り

ねぶたばやしに合わせて飛び跳ねる子どもら

 東松島市の防災集団移転団地あおい地区で18日、夏祭りが開かれ、青森ねぶたが登場した。家族連れなどが迫力のあるねぶたや勇壮なおはやしを楽しんだ。
 ねぶたは高さ3メートル、幅4.5メートルで、「項羽の馬投げ」が題材。青森市のNPO法人青森じゃわめぎ隊が地区のメイン通りを運行した。浴衣姿のハネトが太鼓や笛のねぶたばやしに合わせ、「ラッセラー、ラッセラー」と掛け声を響かせた。大勢の見物客がねぶたと写真撮影をしたり、ハネトと飛び跳ねたりした。
 同法人は2012年から夏祭りに参加し、今回で7回目。東松島市の主婦武田さおりさん(33)は「子どもたちがすごく楽しそうに踊っているので来てよかった。東日本大震災で生まれたこのつながりは、とてもありがたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年08月21日火曜日


先頭に戻る