宮城のニュース

<楽天>ロッテに逆転負け CS自力進出消滅

東北楽天―ロッテ 9回ロッテ1死一塁、根元(手前左)の適時二塁打で一走鈴木が生還。勝ち越しを許しうなだれる東北楽天5番手ハーマン=楽天生命パーク宮城

◎辛島5回1/3無失点

 東北楽天は救援陣が崩れて逆転負け。自力でのクライマックスシリーズ進出の可能性が消えた。
 先発辛島は5回1/3無失点と好投したが、6−3の九回、5番手ハーマンが5短長打を浴びるなどして5点を失った。打線は一回、島内の右前適時打で先制。三回は島内の2点二塁打などで4点を挙げ、七回は田中が左越えソロを放った。
 ロッテは終盤に打線が奮起。今季初登板で1回無失点の高野が2年ぶり白星。

 東北楽天−ロッテ17回戦(ロッテ10勝7敗、17時、楽天生命パーク宮城、24,962人)
ロッテ 000000035=8
東北楽天104000101=7
(勝)高野1試合1勝
(S)内47試合2勝3敗23S
(敗)ハーマン44試合2勝2敗17S
(本)田中14号(1)(益田)=7回

☆イヌワシろっかーるーむ

<辛島航投手(六回途中無失点で降板)>
 「制球が良くなかったが、何とか粘って投げられた」


2018年08月20日月曜日


先頭に戻る