宮城のニュース

<ベガルタ>G大阪に2−1 逆転勝ちで今季初3連勝

 第23節(19日・ユアスタ仙台ほか=9試合)仙台がG大阪を2−1で退け、今季初の3連勝となった。通算成績は10勝5分け8敗、勝ち点35とした。順位は8位で変わらない。
 2位の川崎は小林の2ゴールで首位広島を2−1と破り、勝ち点を43に伸ばした。広島は同49。札幌はFC東京に3−2で逆転勝ちし、4試合ぶりの勝利。3位のFC東京は今季初の3連敗を喫した。
 4位の神戸は湘南に2−0で快勝し、勝ち点を36とした。C大阪は長崎を下し、鹿島は横浜Mに勝った。磐田は柏に勝った。名古屋は鳥栖に大勝して5連勝。

◎オウンゴールで勝ち越し

(2)ユアスタ(1勝1敗)
仙台 2 0−1 1 G大阪
     2−0
▽得点経過
 前27分 0−1 渡辺(5)
 後9分 1−1 西村(11)
 後12分 2−1 OG
▽観衆 16,110人

 仙台が逆転勝ちで今季初の3連勝。1点を追う後半にサイド攻撃が機能した。
 9分に西村が決めて同点。12分には関口の左クロスがオウンゴールを誘って勝ち越した。前半は前線で連係を欠き、27分に先制を許したが、攻撃の修正がはまった。

☆ベガルタみっくすぞーん

<GKシュミット(終盤の好セーブなどで勝利に貢献)>
 「J1では決定機を止めないといけないので、仕事ができて良かった。全体的にはチームのみんなが頑張ってくれたおかげで、ピンチも多くなくて守りやすかった。今後も1試合ずつ勝つ気持ちを持って臨む」

<後半持ち直した/仙台・渡辺晋監督の話>
 後半に持ち直した。結果的に3連勝したが、2戦連続で先制されており、手放しでは喜べない。われわれの力はこんなものじゃない。選手も満足しておらず、伸びしろがある。

<2失点で気落ち/G大阪・宮本恒靖監督の話>
 後半に入ってボールの失い方が悪く、立て続けに2失点して気落ちした部分があった。追加点を取れないのは、精度が足りないから。次に向けていいトレーニングをしたい。


2018年08月20日月曜日


先頭に戻る