秋田のニュース

<甲子園>金足農決勝進出 日大三に2−1

金足農−日大三 1回表金足農2死二塁、打川の左前適時打で先制

 第100回全国高校野球選手権大会第15日は20日、甲子園球場で準決勝が行われ、金足農(秋田)は2−1で日大三(西東京)に勝ち、初の決勝進出を果たした。秋田県勢としては第1回大会(1915年)の秋田中(現秋田)以来103年ぶりの決勝進出となる。

▽準決勝
金足農 100010000=2
日大三 000000010=1

 金足農は一回、2死二塁から4番打川和輝の左前適時打で先制。五回は2死二塁で5番大友朝陽(あさひ)が中前にはじき返す適時打を放ち、2−0とした。主戦の吉田輝星(こうせい)は、八回に適時打を許し1点を失ったが、この後は無得点に抑えた。
 決勝は21日午後2時開始。金足農は、済美(愛媛)対大阪桐蔭(北大阪)の勝者と戦う。優勝すれば東北勢初の甲子園制覇となる。


2018年08月20日月曜日


先頭に戻る