福島のニュース

<フラガールズ甲子園>福島県湯本高が初の最優秀賞

初の最優秀賞に輝いた福島県湯本高のステージ

 全国の高校生がダンスの日本一を競う「フラガールズ甲子園」が19日、いわき市で開かれ、福島県湯本高が初の最優秀賞に輝いた。
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興を願い2011年に初めて開かれ、今年で8回目。7都県から24校、約260人が参加した。
 赤や緑などの色鮮やかな衣装をまとい、フラを踊る「課題曲の部」と、フラかタヒチアンを選ぶ「自由曲の部」で一糸乱れぬ舞を披露。詰め掛けた約1600人の観客から大きな歓声を受けた。
 踊りの技術や表現力などの合計得点を争った。優勝した湯本高3年で部長の鈴木亜怜さん(18)は「地元なので優勝したかった。夢のような感じ」と喜んだ。


関連ページ: 福島 社会

2018年08月20日月曜日


先頭に戻る