宮城のニュース

<全国中学野球>秀光中教校、投打かみ合い完勝 6年連続8強

秀光中教校―柳井 力投する秀光中教校2番手の笹倉

 全国中学校軟式野球大会第2日の21日、広島県呉市二河野球場などで2回戦8試合があり、東北勢は第1代表の秀光中教校(宮城)が6年連続、久慈(岩手)が初の8強入りを決めた。
 第3日の22日は準々決勝と準決勝が行われる。準々決勝は久慈が広島県東広島市の東広島運動公園野球場で午前9時から上一色(東京)と、秀光中教校も同野球場で午前11時から天理(奈良)とそれぞれ対戦する。

 ▽2回戦(コカ・コーラボトラーズジャパン広島総合グランド野球場)
秀光中教校(宮城)1010003=5
柳   井(山口)0000000=0

 【評】秀光中教校の投打がかみ合った。伊藤、笹倉、古川の継投で無安打無得点に封じ、打線も援護。一回、1死三塁から八巻の内野ゴロの間に先制し、2−0の七回は笹倉の右越え3点本塁打で差を広げた。

<投打で活躍の笹倉「勢い付けられた」>
 秀光中教校の笹倉が投打で活躍を見せた。五回から2番手で登板して2回を4奪三振の好投で無安打での零封リレーに貢献。打っては2−0の七回、外寄りの直球を踏み込んで捉えた3点本塁打で勝利を決定づけた。「チームに勢いを付けられた」と笑顔で振り返った。
 左腕から繰り出す威力のある速球に長打力を兼ね備え、一球一打で流れを変える力がある貴重な戦力。4年ぶりの頂点へ幸先良く初戦を飾った立役者は「次も投打で役割を果たしたい」と意欲的だった。


2018年08月22日水曜日


先頭に戻る