岩手のニュース

<DANBOLOOM>初心者でも手織り楽々 盛岡の企業が段ボール織り機発売

簡単に手織りができるダンボルーム

 古い布を細く裂いて織り込む「裂き織り」製品販売の「幸呼来(さっこら)Japan(ジャパン)」(盛岡市)は、簡単に手織りができる段ボール織り機「DANBOLOOM(ダンボルーム)」を発売した。
 段ボールを組み立て、縦糸を段ボールの溝に引っ掛けることで織り機が完成。シャトルに巻き付けた横糸を縦糸に縫うように往復させ、最大で縦25センチ、横18センチの織物ができる。
 段ボールと練習用の糸がセットで1980円(税抜き)。オンラインショップと盛岡市の雑貨店「ルームデザイン」で販売しているほか、岩手県内の書店などでも取り扱う。
 開発した幸呼来Japanの村山遼太さん(32)は「コースターやマフラーなど工夫次第で何でも作れる。織物に興味を持つきっかけにしてほしい」と話す。
 連絡先は幸呼来Japan019(681)9166。


関連ページ: 岩手 経済

2018年08月22日水曜日


先頭に戻る