秋田のニュース

<金足農準V>勇姿に感動、1500人が声援 秋田でPV

3回表、反撃ののろしを上げる得点に沸く市民=21日、秋田市の「エリアなかいち」

 甲子園球場(兵庫県西宮市)で全国高校野球選手権大会の決勝戦が行われた21日、金足農(秋田)を応援するパブリックビューイング(PV)が秋田市中心部の「エリアなかいち」であり、1500人を超える人々が盛大な拍手と歓声で選手を鼓舞し続けた。「感動をありがとう」。初優勝の悲願は果たせなかったが、最後まで諦めずに白球に食らい付く選手たちの勇姿を目に焼き付けた。
 一回裏に先制を許すなど終始苦しい展開が続く中、劣勢をはね返そうと応援は熱を帯びていった。試合終了のサイレンが鳴ると「胸を張って帰ってきて」などとねぎらいの声を掛けた。
 金足農野球部のユニホームを着て応援した同校OBの男性会社員(29)は「選手は歴史的な偉業を達成してくれた」と誇らしげに話した。
 「やっぱり憧れの存在」と語るのは秋田市御野場中野球部の2年野田歩大さん(14)。「最後まで全力でプレーする姿に勇気をもらった」
 秋田市の大学生松本美代さん(21)は「ひと夏の感動が一生の思い出になった。選手たちに感謝を伝えたい」と涙を拭った。


2018年08月22日水曜日


先頭に戻る